家を建てるときの土地の選び方

家を建てるときの土地の選び方

家を建てるための土地探しは、どのような手順で進めるのでしょうか。

 

一般的な例をみてみましょう。

 

(1) 要望の提出

 

 不動産業者や住宅会社の担当者に、自分達の要望を伝えます。

 

(2) 物件収集

 

 業者が要望に合う物件の情報を収集します。

 

(3) 現地確認

 

 業者が、事前の確認を行ないます。

 

(4) 物件資料提出

 

 業者によって選ばれた物件が建て主に紹介されます。

 

(5) 現地案内

 

 業者から提出された資料の中から、気に入ったものを確認します。

 

(6) 物件調査・見積もり

 

 近隣の調査や土地の履歴、役所、法律関係の調査を行ないます。

 

 造成工事や水道工事が必要な場合は、その工事の費用の見積もりも提出されます。

 

 近隣調査とは: 学区、ゴミ置き場、自治会、組合など
 役所・法律関係調査とは: 都市計画、道路、上下水道、遺跡など
 費用の見積もりとは: 上下水道工事、造成工事、測量・開発

 

 

(7) 土地買付

 

 予約に当たる行為として、その土地を購入するという意思表示をします。

 

(8) 土地契約

 

 売主、買い手(建て主)の両者の立会いのもと、契約書を取り交わします。

 

(9) 土地購入

 

 買主は土地代金の残金を支払って、売主は土地を引き渡します。

 

 土地の所有権の移転を行い、名義を買主に変更します。

 

<家はどこでも建てられるのか>

 

家は、どこにでも自由に建てられるわけではありません。

 

都市計画法によって一定の制限を受けます。

都市計画法

都市計画法では、一定の要件を満たす地域を
「都市計画区域」と定めています。

 

そして都市計画区域は更に「市街化区域」と、
「市街化調整区域」に分けられます。

 

家を建てることができるのは「市街化区域」で、
市街化調整区域は、原則として家を建てることができませんし、
宅地造成などの開発もできません。

 

ただし、農家の住宅は許可されたり、
市町村によっては特例を設けている事もあります。

 

また、全ての「市街化区域」で家を立てることができるわけではありません。

 

建物の用途や規模を規定する用途地域が指定され、
地域によって条件に大きな差があります。

 

この用途地域は、土地を選ぶ際の目安になります。

 

商業系、工業系の地域でも住宅をたてることはできます。

 

ですが、地域によっては後になってから
目の前に大きな施設が建ったりする事もあります。

 

周辺の開発状況などもしっかり調べ、
じっくり検討すべきです。

用途地域の種類と特徴

・住居系

 

第1種低層住宅専用地域: 1〜3階の低層住宅が中心の静かな地域。
             店舗併用住宅や小中学校があります。

 

第2種低層住宅専用地域: 1〜3階の低層住宅が中心の静かな地域。
             店舗併用住宅や小中学校があり、150u以内のコンビニエンスストア等があります。

 

第1種中高層住居専用地域: 4階建て以上のマンションを建てることができる地域です。
             2階建ての戸建やアパートが多く、病院や大学、500uまでの店舗も可能な地域です。

 

第2種中高層住居専用地域: 4階建て以上のマンション、2階建て以下、1500u以下の店舗、事務所を建てることができる地域です。
             2階建ての戸建やアパートが多く、病院や大学、500uまでの店舗も可能な地域です。
             主要な道路に面する地域が多いです。

 

第1種住居地域: 住環境は守られますが、3000u以下のオフィス、ホテル、ボウリング場などを建てることができます。
         人通りの多い地域です。

 

第2種住居地域: 住環境は守られますが、3000u以下のオフィス、ホテル、ボウリング場、パチンコ店、カラオケボックスなどの娯楽施設などを建てることができます。
         人通りの多い地域です。

 

準住居地域: 大きな道路沿いなどが対象です。
       小規模な劇場や自動車ショールームなどが住居と共存している地域です。

 

・商業系

 

近隣商業地域: 近隣住民に日用品を供給する店舗や事務所が中心になっています。
        住宅も建てることができます。

 

商業地域: 銀行や映画館、飲食店、百貨店、オフィスなどの業務において利便性の増進を図る地域です。
      住宅や小規模の工場も建てることができます。

 

・工業系

 

準工業地域: 環境の悪化をもたらす恐れのない工場が中心の地域です。
       住宅も建てることができます。

 

工業地域: 住宅も建てることができますが、学校や病院を建てることはできません。
      主に工場が建つ地域です。

 

工業専用地域: 工場の専用地域です。
        住宅やマンションは建てることができません。